ま!

ま◆Wx.rhb//5. in わかめて。記事は改稿されます。

~ 【酉必須】桜舞い散る普通村 ~ 149935番地

149935番 【酉必須】桜舞い散る普通村

対抗狼だけど即噛まれから狂人に上手に回しきられた感じの村だった。占い真狼でみるなら霊能は真狂どちらもあるし、真狂でも狼乗っ取りはあり得ると思う(実際にはないみたいだけど)にもかかわらず3日目の●が本当の結果というのが注目どころかもしれない。結果が本当なら役職も本物にみえるというモノだし、発言も全く相当なことしか言ってない。自然と真としか思えないようになってて、なかなかスゴイ。

2日目の飛び出しってあんまりよくないのかな、自分は基本的に常に飛び出すようにしてる。自分さえ護衛していれば勝てるんだから周りのことなんて気にしないよってアッピルの意なんだけど、これはあんまり伝わらないのかな。

結果被せにもなってるし真狼でみるなら自分が真なのは明らか、だと思ったんだけどなー。ていうか昔は遅らせようものなら数を見て出てきた騙り扱いされたものだった。潜伏占いも同様で2日目に占霊はフルで出てきたとおもう。

逆に共有はアホみたいに潜伏して、ときどき吊られて死んでた奴もいたっけ。しょっちゅう占われてた、いま考えればバカな話。共有トラップというかなり間抜けな考え方がまかり通っていたように思う。これは序盤ステルスを吊るという無難なグレランを繰り返していたからだろう。今となってはリスクコントロールとしてCOの方が明らかに優れているという結論が出そう。当時からどちらかといえばCO派だったけどね。

ところで復帰してからいまのところ遭遇した潜伏占いは全部偽。おばあちゃんの知恵もバカにしたもんではないのかもしれない。

指定ゲーム

ログはあと

指定ゲームになったあと大失敗。クソ適当にグレラン言ってりゃなんとかなった時代とはちがうのである。みんなめっちゃ決断主義的だけど論理的に同じだからどれでもいいっていうのはデジタルだなあと。

それはともかく占い初日は村勝ちが難しいわけですが、奇しくもさっきエラソーに1-2がどうとかいう記事書いたらそのまま負けてしまった。霊能真狂なら真占いは潜伏のつもりでも早い目に出て2-2にしていいわけで、そういう信頼勝負の状況になれば噛まれにくいわけですから、出なかった時点で占い初日で決め打って良かったはず。12人で吊れってのは全くその通り。どうにせよ共有がこれじゃ負けてた気がするけど。

とはいえ夜に全潜伏には見えないんだよなあと書いたのだから、きっちり占い吊ってれば勝負できたのかなとも思います。占い初日から1-2作った後に潜伏出すのも、すげー上手だなって感心したけど噛みの遅れ方とかも含めれてもうちょっと考えれば霊能真狂なら狼狼の両偽で初日占いとできたはず。

こういう場面の地図を描き切らないといけなくて、勝ちはスムーズで負けはレアケースならレアケースそのものを減らさないといけないよね。

関係ないけどなんでこんなクソどうでも良いことを、誰も読みもしないだろうに書いてるのかというと、メンヘラ薬中発達障害で算数できないなら書いて覚えろと昔どっかで言われたからです。

LoLにも飽きてわかめてに戻ってきたのですが、10年も経てば新しい技術がいっぱい出ててもうちょっとやらないとメカニクスが理解しきれない。ていうか何度でもいうけどまず4分半が追いつかない

銃殺対応も●出されからのCCO速度もめっちゃ早いし、流石にここまで技術が進んでると昔はよかったなんてバカな事はとてもじゃないけど言えない。短期人狼こんな難しかったっけな。下手な頃の方が楽しいという話がありますが、今は完全に相対的に下手なのでちょうどいいかな。

あと、もうそろそろ家族に怒られそう。

~ 【酉必須】普通村 ~ 149917番地

149917番 【酉必須】普通村

といずさん 「何も言わなかったけど村のみなさんが何考えてるのかわからない
砂のお城が真なら占いほぼ真狂だから噛み合わせなんかありえないでしょ」

私の意見は単純な霊能吊りから信頼勝負へ移行するのが一番スマートでしょ?という、たぶん10年前はこれで通っていたような原始的な意見(いま思えばであるが)この何考えてるのかわからない、は別に嫌味で書いてるわけではなくて本当に理解できなかったのだけど、解説してくれる方がいた。

光闇朝さん 「狂人狼の役職に対する価値観によるんじゃね
俺はしねえかな 占いに狂人居るなら 狂人占い切り捨ててでも 狼が騙って3-1の1名占い破綻にした方が安心できそう」

なるほど信頼勝負はやったとしても狂人なんて信頼できねーし関係ねーわ、ということらしい。これは一理ある。だって狂人は狼が何を考えてるのか、システム上把握できないからだ。

光闇朝さん 「狼特攻なら露出数減らしたほうが良さそうに感じるし
真の初手●なら 霊能coしてロラ進行取らせてる場合じゃないよ
グレランで狩り吊らせたいだろうし」

よって狂人の動き方の結論はこうなる。確かに自分の考えていた前提条件を崩してしまえば、コチラの方が論理的だと思う。この方は潜伏狂人を結構推してらっしゃるようで基本的に今の普通村の人外はこのような考えで進行しているようだ。

まず狼特攻で狼-狼ラインを作るなら当然狂人は出てはいけない。普通に考えれば霊能結果は真〇狂〇狼●になるだろうから、とりあえず●出した霊能吊っとけという荒っぽい手段まで成立する。今までの私なら「そうなったら狼が悪いでしょ」という感じだけど、「てめーは潜っとけ」という話のようだ。一理ある。

次に真の●の場合。

メリット・デメリットのバランスではなかった。自分の考えでは、2日目に真の●でも噛みと占い結果を制御すれば最終日でようやくライン決め打ちという流れを作れる可能性は非常に高い。なぜなら狂人が真のラインを切っての霊能ローラー強要はグレーを広く取れるから。つまり真を噛むことを前提としていない。どうせ●出てるんだから手遅れ、信頼勝負で最終日にライン決め打ちで勝つしかないってのが自分の考えだった。 一つには狩人というものを計算に入れたくない心理があるのだと思う。〇なり共有なりを噛んでいけばいいのだから、信頼勝負は相当に噛みにかかる負荷が低い。

それでも狩人探して占いを噛めという考え方が成立があったのだ。これは2-2ではなく3-1を基本としているからではないだろうかと推察した。3-1では霊能噛みが成立するか分からないから信頼勝負ができるか不明、当然ながら占い噛みになってくる。

思えば自分が人狼をやっていた頃の3万番~5万番くらいは2-2が全盛だったのだと思う。なぜなら3-1で占霊どちらの護衛もありえたから。どうせハイリスクにべーぐるなら全潜伏が一番いいじゃねーかという、かなり馬鹿げた構想を持って2-1とか1-2みたいな村すらあった。最悪の場合は初日役職を主張して押し通したこともあった。これはクソみたいに消極的だけど、自分もこういうことを結構やった記憶がある。というかこのパターンが一番やりやすかった。たぶん今はこんな村はない。

狼はガンガン騙って狂人は引っ込む。潜伏狂人なら最終日をどこに設定するかも混乱させられる。力技と細かい計算が両立しなければならない、難しい人狼だなと感じている。